外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】29日の新華社電によると、中国の戴秉国国務委員は28日夜、クリントン米国務長官と電話会談し、緊迫化する朝鮮半島情勢をめぐり意見交換。双方が朝鮮半島の平和と安定のために協力していくことを確認した。戴氏は6カ国協議の首席代表による緊急会合の開催についても呼び掛けたとみられる。会談で戴氏は「事態をエスカレートさせかねない、いかなる行動にも反対する」と強調。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信