世界の出来事

 【ニューヨーク共同】北朝鮮の相次ぐ弾道ミサイル発射を受け、米国と中国は1日までに、国連安全保障理事会の制裁強化決議案で合意した。対話を重視していた中国も応じた。米国は同日、決議案を安保理各国に配布した。核・ミサイル開発に関わる14個人と4団体を渡航禁止・資産凍結の対象に追加することが柱。2日(日本時間3日未明)に採決する方向で調整に入った。

共同通信

 世界の出来事