外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会の常任理事国、米国と中国は12日、北朝鮮の核実験を受けた新たな制裁決議案づくりに向け折衝を始めた。北朝鮮の核開発を阻止し、国際社会の厳しい姿勢を示すため、金融制裁や船舶検査の義務化などが議論されるとみられている。12日午前の緊急協議後、安保理外交筋は、北朝鮮問題に影響力を持つ米中両国が水面下の折衝で決議案を作成し、他の理事国に提案するとの見方を示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信