外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】オバマ米大統領は3月31日、核安全保障サミット出席のためワシントンを訪問した中国の習近平国家主席と会談した。地対空ミサイル配備など中国が実効支配を強める南シナ海問題について、オバマ氏は軍事拠点化への懸念を伝えたとみられるが、新華社電によると、習氏は「中国の主権を侵害するのは許さない」と反論した。双方の主張は平行線をたどった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信