【ワシントン共同】マティス米国防長官は9日、ワシントンで開催された米中外交・安全保障対話後の共同記者会見で、米中両軍の衝突回避と意思疎通の枠組みづくりを進めていると明らかにした。両国の対立激化を受けて、米中両軍が南シナ海などで双方の意図の読み違えにより不測の事態を引き起こす危険性が指摘されており、対話では信頼醸成を図る必要性で一致した。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。