外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ラスベガス共同】米ネバダ州ラスベガスで1日起きた銃乱射事件で、自殺したスティーブン・パドック容疑者(64)が銃に特殊な装置を取り付け、連射できるように細工して殺傷能力を高めていたことが2日分かった。AP通信が当局者の話として伝えた。大量の武器保有と合わせ、入念に計画した犯行であることをうかがわせる一方、動機に関する手掛かりは依然乏しく、捜査は難航しそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信