ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

米代表「米朝協議の計画ない」

 【ワシントン共同】米国のデービース北朝鮮担当特別代表は14日、ワシントンで講演し、南北当局者会談の中止は「北朝鮮が(核問題の)外交解決に向けて根本的な政策転換をしていないことを示した」と指摘し、米国が北朝鮮と「すぐに協議を行う計画はない」との考えを示した。一方、米国務省は同日、北朝鮮問題で日本、米国、韓国の一致した対応を目指す3カ国の局長級会合を19日にワシントンで開催すると発表。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。