ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

米会社が顧客の1300億円消失

 米国の資産運用会社「MRIインターナショナル」が、日本の顧客から預かった1300億円超を実際には運用せず、大半を消失した疑いがあることが26日、関係者への取材で分かった。金融庁は金融商品取引法に基づき金融商品取引業者の登録を取り消した。一方、証券取引等監視委員会は26日午後、金商法違反の疑いで同社日本事務所(東京都千代田区)などを強制調査した。今後、検察当局への刑事告発を視野に実態解明を進める。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。