外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【セントルイス共同】米中西部ミズーリ州ファーガソンの白人警察官による黒人青年射殺事件で警察官が不起訴となったことを受け、反発する黒人住民らの一部が25日までに暴徒化した。AP通信などによると、ファーガソンにある建物十数棟が放火されるなどし、地元警察との衝突などで14人の負傷者が出た。警察は25日までに少なくとも61人を放火や不法侵入容疑などで逮捕、8月の事件以来、最悪の暴動との認識を示した。

共同通信