外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米連邦最高裁がイスラム圏6カ国からの入国を制限する新大統領令を、条件付きで容認する判断を示したことを受け、トランプ大統領は26日声明を出し「米国の安全保障にとって明白な勝利」と主張した。一方、原告側の人権団体などは「宗教差別」を認めることになり違憲だと猛反発している。大統領令は最高裁判断から72時間後に執行される見通しで、混乱も懸念される。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信