外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米連邦最高裁は26日、イスラム圏6カ国からの入国を制限するトランプ政権の新たな大統領令について審理することを決め、今秋以降に最終判断を出すまで例外を設けた上で一部の執行を認める判断を示した。最高裁は新大統領令について憲法判断は示していないが、迅速な入国規制の必要性を訴えた政権の主張が限定的に認められた。大統領には米国を守る義務があるとした主張に一定の理解を示したとみられる。

共同通信