外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米太平洋空軍のゲーリー・ノース司令官は8日、沖縄県の米軍嘉手納基地で共同通信のインタビューに応じ、普天間飛行場の移設問題で再三浮上する嘉手納基地への統合案について、否定的な見方を明らかにした。嘉手納統合案をめぐっては昨年、米上院の軍事委員長などが、嘉手納の空軍部隊を一部移転させた上で普天間受け入れを模索すべきだと主張。だがノース氏は「現状が適切だと思う」と、空軍部隊削減には消極的な姿勢を示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信