外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ヘイニー米太平洋艦隊司令官は16日、東京都内で記者会見し、沖縄県・尖閣諸島をめぐる日本と中国の対立について「外交的に解決されることを何よりも望む」と述べ、日中に冷静な対応を呼び掛けた。米国は尖閣に関し、日本防衛義務を定めた日米安全保障条約5条の「適用範囲」と繰り返しているが、司令官は「われわれは武力行使に反対する」と明言。5条発動を回避することが米国の国益との認識を示した。(共同)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信