外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】イエメン発米国向けの二つの航空荷物から爆弾が見つかった事件で、イエメンに拠点を置くイスラム武装勢力「アラビア半島のアルカイダ」は5日、犯行を認める声明を発表した。声明では、9月に乗員2人が死亡したアラブ首長国連邦(UAE)ドバイ郊外の貨物機墜落も、同勢力による犯行としている。AP通信などが伝えた。声明が事実なら、同勢力による航空機テロで犠牲者が出たのは初めて。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信