外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロサンゼルス共同】殺人事件への関与が指摘されていた米ニューヨークの富豪一族出身の男(71)が、自らの疑惑を題材としたドキュメンタリー番組収録中にトイレに立ち、マイクの電源が入っていることに気づかず殺害を自白するような言葉をつぶやいた。音声は放映され、ロサンゼルス検察は16日、殺人容疑で男を訴追した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信