外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米国の中年(40~59歳)の自殺率が2000~05年に上昇したことが米社会学者による調査で27日、分かった。大学を卒業していない白人男性の自殺者が多く、00年代初頭の高い失業率などが影響しているとみられる。扶養家族を支える中年層は伝統的に自殺率が低かったが、男性の自殺が増加。また00~05年にかけ学位がない50~59歳の男女で自殺率が30%近く増えたという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信