外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米上院は16日夜(日本時間17日午前)、連邦債務の上限を短期的に引き上げて来年2月までの借り入れを可能にし、政府機関も再開させる法案を賛成多数で可決した。野党共和党は抵抗を断念、同党が過半数を占める下院も同日可決した。引き上げ期限の17日を目前に、米国債のデフォルト(債務不履行)は回避され、政府機関の活動も正常化する。

共同通信