外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】欧州系格付け会社フィッチ・レーティングスは15日、米財政協議の難航を理由に、米国債の短期的な見通しを格下げの可能性がある「ネガティブ(弱含み)」に変更したと発表した。格付けは最上位「トリプルA」を変えていない。

共同通信