ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

米国務省で火災、1人重体

 【ワシントン共同】米首都ワシントンの国務省本館で24日午前、配管の保守作業中に火災が発生し、作業員数人が病院に搬送された。うち1人は重体、2人が重傷。米メディアによると、消防当局が原因を調査中だが不審な点はなく、事件性はないもよう。国務省報道官によると、休日出勤していた職員は一時退避したが、火はすぐに消し止められた。「消防当局と省内の調査が終わった後に追加情報を提供する」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。