外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】内部告発ウェブサイト「ウィキリークス」が公開した米国の秘密外交公電の中に、米国務省が潘基文事務総長ら国連高官、安全保障理事会常任理事国の国連大使に関する情報を収集する“スパイ行為”を指示する内容が含まれていたことが28日、分かった。国連報道官は同日「文書が本物かどうかについて、国連はコメントする立場にない」との声明を出した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信