外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ネピドー共同】クリントン米国務長官は30日午後、ミャンマーの首都ネピドーに到着した。米国務長官のミャンマー訪問は1955年2月のダレス氏以来約57年ぶり。テイン・セイン大統領や民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさんと会談し、ミャンマー新政府が進める民主改革を後押しする米国の立場を伝えるとともに、真の民主化に向け、全政治犯の釈放などさらなる措置を取るよう求める考えだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信