外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【イスラマバード共同】クリントン米国務長官は19日、アフガニスタンの首都カブールを予告なしに訪問し、20日にカルザイ大統領らと会談した。会談後の共同記者会見でクリントン氏は「アフガンを見捨てることはない」と述べ、同国に駐留する国際治安支援部隊(ISAF)からアフガン側への治安権限移譲や米軍の撤退が進んだ後も、米国は長期的にアフガンに関与し続けるとの意向を表明した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信