外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】クリントン米国務長官は29日、北朝鮮の金正恩第1書記について「若い新指導者が国民の生活向上や(社会の)開放に重きを置くことを期待したが、極めて挑発的な行動を取っている」と批判、3度目の核実験を自制するよう要求した。退任を前にテレビ中継で行われた各国の学生らとの対話で述べた。核実験が中国やロシアにとっても脅威になると指摘し、連携して「北朝鮮の行動を変える必要がある」と強調した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信