外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】クリントン米国務長官は21日午後(日本時間22日未明)、藤崎一郎駐米大使を国務省に呼び、米軍普天間飛行場(沖縄)移設問題をめぐり会談した。国務長官が駐米大使に急きょ会談を求めるのは異例。日米合意に基づく現行計画の早期履行を求めるオバマ政権の立場を伝えたとみられる。藤崎氏は記者団の「米側の危機感の表れか」との質問に対し「重く受け止めている」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信