外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米国民の31%が連邦政府の在り方に「怒り」を覚えるなど計80%が不満を抱いていることが、ワシントン・ポスト紙とABCテレビが大統領選を1年後に控えた6日に発表した世論調査で明らかになった。「米国は誤った方向に進んでいる」との回答も74%に達した。ただ有権者は批判の矛先をオバマ氏(32%)と野党共和党(35%)の双方に向けており、既存の政治への不信感を示しているといえそうだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信