外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 農林水産省と厚生労働省は21日、ことし7月に米国から輸入した冷凍牛肉の中に、牛海綿状脳症(BSE)の原因物質がたまりやすく日本が輸入を認めていない特定危険部位の脊柱が含まれていたと発表した。同様の事例は米国産牛肉の輸入を再開した06年7月以降で4例目。両省は出荷元からの輸入を停止し、米農務省に調査を要請した。厚労省は同時に輸入された牛肉についても、調査するよう出荷先の関係自治体に要請した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信