外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】リッパート米国防次官補(アジア・太平洋安全保障問題担当)は27日、ワシントンで講演し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古沿岸への移設計画について「楽観している。初期段階だが前に進み始めている」と述べた。防衛省が昨年12月に環境影響評価書の補正文書を沖縄県に提出したことなどを評価。今後の進展には日米両政府の「外交上の本物の意志」が必要と指摘し「両首脳の決意に変わりない」と強調した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信