外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】ミラー米国防次官(政策担当)は10日、前日に行った中国との国防高官協議で、沖縄県・尖閣諸島をめぐる日本と中国の対立を取り上げ「威嚇や武力行使」に反対する米国の立場を伝えたことを明らかにした。同次官は、王冠中・人民解放軍副総参謀長に対し「威嚇や武力行使の手段で、この問題に対応しないことが極めて重要だ」と指摘し、日米安全保障条約に基づく日本防衛を果たしていくとの考えを伝えた。

共同通信