外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】マティス米国防長官は2日、就任後初の外国訪問として韓国を訪れ、朴槿恵大統領の権限を代行する黄教安首相と会談した。大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験をちらつかせる北朝鮮について協議、韓国防衛への米国の決意は揺るがないと確認し、北朝鮮をけん制した。米軍のミサイル迎撃システム配備計画の加速も確認、3日午前には韓民求国防相と会談し、北朝鮮の脅威への対処能力向上を急ぐ。

共同通信