ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

米国、具体的議論は「時期尚早」

 【ジュネーブ共同】人間の意思を介在せず敵を自動的に殺傷する「殺人ロボット兵器」の規制を巡る国連公式専門家会議で、米国が規制に向けた具体的議論は「時期尚早で逆効果になりかねない」と主張していることが15日分かった。米国が提出した作業文書を会議事務局が公表した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。