外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米政府高官は13日、シリア化学兵器問題をめぐり各国で調整中の国連安全保障理事会の決議案に、武力行使に道を開く記述への言及を求めない意向を表明した。ロイター通信が伝えた。安保理常任理事国のロシアの根強い反対で、武力行使容認決議が採択される見通しが立たないためで、代わりにシリアが検証可能な化学兵器放棄に応じない場合は制裁を強化する案を模索するとしている。

共同通信