外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米政府が米軍普天間飛行場の名護市辺野古崎への移設をめぐり飛行経路の大幅な変更を日本側に主張している問題で、北沢防衛相が23日にルース駐日米大使と会談した際、従来の日本側説明のルートを維持するよう要請、大使が拒否していたことが分かった。米側は今月9、10日の実務者協議で、従来の日本政府の説明よりも陸上部に近接した空域を飛ぶとの見解を表明した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信