外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米国の大学への昨秋の留学生のうち、中国出身者が前年から約30%増加、インドを抜いて2位から首位になり、日本は15%減って台湾に抜かれ5位から6位に転落という結果を米国際教育協会(IIE)が15日発表した。中国出身者は留学生全体の18%を占める12万8千人。インドは前年より2%増で全体の15%、10万5千人。3位は韓国で4%減の7万2千人。数全体は過去最高の69万人となった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信