外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 広島、長崎への原爆投下後、米政府が設置した原爆傷害調査委員会(ABCC)の一員として被爆者の大規模な遺伝調査をした米テキサス大名誉教授ウィリアム・シャル氏が現地時間20日、肺がんのため米南部テキサス州ヒューストンで死去した。95歳。22日に複数の関係者が明らかにした。

共同通信