外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】エボラ出血熱対策として日本政府が最大1億ドル(約115億円)の追加拠出を決めた背景として、オバマ米大統領が10月に安倍晋三首相との電話会談で、5千万ドル規模の拠出など具体的な支援を直接要請していたことが11日までに分かった。日米関係筋が明らかにした。

共同通信