外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】来年の米大統領選に向けた野党共和党の候補指名争いが、政策を置き去りにしたまま泥仕合の様相を呈している。移民差別など問題発言を繰り返して注目を浴び、支持率トップに立つ不動産王ドナルド・トランプ氏がその張本人だ。

共同通信