外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】ペイリン前米アラスカ州知事は5日、来年11月の大統領選に立候補しないと表明した。前回大統領選で共和党副大統領候補だったペイリン氏は、オバマ大統領に反発する保守派運動「ティーパーティー(茶会)」の代表格として根強い支持を集め、動向が注目されていた。ペイリン氏の不出馬表明で、ロムニー前マサチューセッツ州知事とペリー・テキサス州知事らが共和党の候補指名を争う構図が固まった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信