外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米大統領選の共和党ロムニー候補の支持率が急伸、9日現在の全米世論調査平均値で民主党のオバマ大統領をわずかに逆転した。経済政策などを議題にした3日の第1回候補者討論会で優勢だったことが影響した。ただ9月の失業率が3年8カ月ぶりに7%台に回復したことでオバマ大統領の支持も底堅く、11月6日の投票に向け、当面は接戦が続きそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信