外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米大統領選の投票を6日に控え、民主党オバマ大統領と共和党ロムニー候補は5日、激戦州を転戦し最後の遊説を行った。「誰もが公平にチャンスを得て責任を果たす社会が必要」と訴えるオバマ氏に対し、ロムニー氏は自由競争と市場原理による雇用拡大を求め「軌道修正の方法は分かっている」と強調。両氏が描く将来像は真っ向からぶつかり合い、会場には支持者の熱気があふれた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信