外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】11月6日の米大統領選に先駆け、期日前投票が本格化し始めた。4年前の前回選挙では約3割の有権者が期日前に投票したとされ、今回は4割に達するとの見方が強い。特に激戦州はその割合が高く、選挙結果を左右するとみられている。中西部オハイオ州では2日に始まった。米メディアによると、前回は西部コロラドで8割近く、南部フロリダでも5割を超える有権者が期日前に投票しており、重みが増す一方だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信