ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

米大統領選、経済再生へ選択

 【ワシントン共同】米大統領選は6日早朝(日本時間6日夜)、主に東部州から順次投票が始まった。金融危機からの米経済再生に向け、民主党オバマ大統領(51)の1期目の実績を信任するか、共和党ロムニー候補(65)の経済手腕に託すかの選択。激戦州でオバマ氏がわずかにリードしているが、大接戦となっている。即日開票され、大きな混乱がなければ日本時間7日午後にも大勢が判明するとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。