外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】オバマ米大統領は13日の記者会見で、イラン革命防衛隊が駐米サウジアラビア大使暗殺を企てたとされる事件を「イラン政府による危険で無謀な行為」と非難。国際社会と協調して最も厳しい制裁をイランに科し、暗殺計画の「代償を支払わせる」と述べ、イランの責任追及へ決意を示した。大統領がこの件で公式に語ったのは初めて。イラン側は関与を否定している。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信