外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】オバマ米大統領は4日、パキスタンのザルダリ大統領と電話で会談し、アフガニスタンに展開する国際部隊がパキスタンの検問所を誤爆し24人が死亡したことについて、哀悼の意を表明した上で、故意ではなかったと釈明した。反発を強めるパキスタン側の要求を受け、米軍は無人機の運用拠点とされるパキスタン国内の飛行場からの撤退を準備。オバマ氏は同国との協力関係が崩れかねないと判断したとみられる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信