外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】オバマ米大統領は17日、同盟国首脳に対する盗聴自粛などを柱とする情報収集活動の改革策を発表、「国家安全保障上、不可欠な場合を除き緊密な同盟国や友好国の首脳の通信は監視しない」と明言した。米中枢同時テロ後、肥大化した米情報活動を外交関係への配慮やプライバシー保護の観点から見直す措置に踏み切った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信