【ワシントン共同】米ホワイトハウスは7月31日、広報部長のスカラムチ氏の辞任を発表した。21日に起用されたばかりで、トランプ大統領による事実上の更迭。スカラムチ氏の政権入りを巡っては高官辞任が相次いでいた。政府高官が起用からわずか10日で政権を去るのは極めて異例。ホワイトハウスの内紛による一層の混迷ぶりがあらわになった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。