外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】北米と南米大陸を通じて最古と推定される約1万2千~1万年前の岩絵を、ブラジル中部の遺跡で発見したと、サンパウロ大のチームが22日、米科学誌プロスワンに発表した。洞窟内の床に刻んだ線で、男性の姿を描いたとみられる。縦約30センチ、横約20センチ。頭はアルファベットのCのような形、手は3本指で表現され、大きな男性器もある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信