外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】乳がんのリスクを高める遺伝子変異が見つかり、両乳房の切除・再建手術を受けた米人気女優アンジェリーナ・ジョリーさん(37)が2日、訪問先のロンドンで、手術の事実を公表してから初めて公の場に姿を見せ「温かい支援に心を動かされ、感謝している」と語った。ジョリーさんは、パートナーの米俳優ブラッド・ピットさん主演の新作映画の先行公開で、ピットさんと一緒にロンドンの映画館を訪問した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信