外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】「女子柔道の母」とも呼ばれ、女子柔道の普及に貢献した米女子柔道家のラスティ・カノコギさんが21日朝、死去した。74歳だった。骨髄腫を患っていたという。60年代前半に日本に渡って講道館で柔道の研さんを積んだ。80年の第1回世界女子柔道選手権で資金集めに奔走。熱心な普及活動で女子柔道は92年のバルセロナ夏季五輪で正式種目となった。08年秋の外国人叙勲で旭日小綬章を受章。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信