外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、同県名護市に移設する現行計画の実現性を疑問視する米上院のレビン軍事委員長(民主党)は、28日の同委公聴会で「代替案が必要であることは明らかだ。さもなければ普天間を使い続けることになる」と訴えた。レビン氏は理由として、仲井真弘多知事が27日、沖縄を訪問した野田佳彦首相との会談で現行計画の見直しを求めたことを挙げた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信