外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米中西部ノースダコタ州マイノット空軍基地の将校17人が4月に、核ミサイルの運用管理に携わる権限を60日以上☆(刈のメが緑の旧字体のツクリ)奪される内部処分を受けていたことが分かった。定期の技能審査で問題が発覚したとされるが、一度に17人もの将校が処分されるのは異例。AP通信が8日伝えた。空軍は核ミサイルの管理に危険が及ぶことはなかったとしているが、核戦力の一端を担う重要な部隊の危うい運用体制を浮き彫りにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信